大学職員の採用担当が書類選考で重要視するのは学歴?資格?それとも… | 転職して大学職員になったにゃん(。゜ω゜) 。  

大学職員の採用担当が書類選考で重要視するのは学歴?資格?それとも…

こんにちは。

 

 

大学職員への転職活動に少しでも役立つ情報を…というテーマで運営している当ブログですが、最近はありがたいことに「このブログを参考にして選考突破しました!」等のメールをたくさんいただく様になりました。

 

 

大学職員への転職希望者さまに広く認知されたことも嬉しいですが、他人のキャリアについて少しでも力になれたことが最も嬉しいです。

 

 

残念ながら最終選考で無念の結果になってしまった方も何人かいらっしゃいましたが、私からすると書類選考を突破した時点で大学職員になれる可能性は大いにあるかと思うので、翌年以降または別大学にてぜひ再チャレンジしていただきたいです。

 

 

ということで今回ご紹介するのは、採用担当が書類選考で重要視するポイントです。

 

 

難しい資格、有名大学出身であること…否、これらはさほど重要ではなく、もっと重要なポイントがあります。※私は採用担当にも関わったことがあるので信憑性は保証します

 

 

逆に、以下のポイントをクリアしていれば書類通過できる確立も高くなり、「高倍率で狭き門だし…」と応募を迷っている人にとっては自信がつくデータかと思います。

 

ぜひ確認してみてください。

応募時の年齢

結論から言ってしまうと年齢が最も重要です。ある意味学歴以上にどうしようもない項目ですね。

 

 

大学職員に限らず、転職活動においては当たり前…と思うことなかれ、大学でこそかなり重要視されるポイントです。

 

 

●年齢が20代後半であれば、企業では中堅クラスとなりつつあり、社会人としても成熟しつつあり、マナーや一般常識的な振る舞いが担保される。

●業務でも即戦力(できなくとも若いので将来性がある)と見込まれ、新人育成に係るコストを削減できる。

●即戦力という意味合いでは30代も同じだが、自分の業務のやり方等が凝り固まっており大学の環境にフィットしない可能性がある。

 

 

これは、応募の年齢制限が35歳までの大学も多く、若い力を欲していることは明らかです。

 

 

面接まで進んだことがある方なら分かると思いますが、面接日に見かける他の先行者は若い人が殆どだったかと思います。

職歴

年齢をクリアした後に見られるのは職務経歴です。

 

 

最も好ましいのは、過去に一度も転職していないこと。これも当たり前ですが、短期間で複数回、もしくは20代のうちに2、3度転職をしている応募者は、採用してもすぐ辞めるのではないか採用担当から敬遠されがちです。

 

 

大学の事務職というのはかなり「右に倣え」の風潮が強く、教員はもちろん法人の言うことは絶対です。そんなスーパートップダウンの環境下で、反旗を翻す、もしくは受け入れずに組織を去っていく可能性がある人材は拒まれます。

まとめ

ということで、最も書類が通りやすいのは未だ一度も転職していない20代後半です。

 

 

30代後半に差し掛かる人、転職経験が多い人は、かなり苦戦を強いられると思います。(早稲田大学さんの様な真のスペシャリストを募集する大学ではむしろウェルカムな可能性もありますが…)

 

 

逆に20代はこれ以上ないチャンスとも言えるので、本気で大学職員を目指す方は20代で職歴が綺麗なうちに挑戦しましょう。

 

 

私が『転職エージェント』を利用した体験記は下記にまとめています。参考までにどうぞ。

 

様子見ならまずは『転職サイト』を閲覧

転職するなら20代で勝負をかけることを強くオススメします。迷っているなら、いっそサイトに登録してしまいましょう。まずは『転職サイト』で求人を覗いて方向性を定めつつ、モチベーションをあげてから『転職エージェント』に登録しましょう。

 

オススメの転職サイト

リクナビNext マイナビジョブ20’s
リクナビNEXT

 

転職を決意したら『転職エージェント』に登録

求人情報の紹介から選考書類作成時のアドバイス等を無償でサポートしてくれるサービスです。転職を決意したら絶対登録することをオススメします。

 

しかし、ここで勘違いして欲しくないのは、私がエージェントをオススメする理由は『登録すれば楽に転職できるから』では断じてありません。エージェントを通すことで、『自分が本当にやりたい仕事と求めている条件が深掘りできる』からです。

 

本気で将来を変えたいという強い意思がある方にこそ、ぜひ利用して頂きたいサービスです。反対に、意思が固まっていない方にはあまりオススメできません。

 

オススメの転職エージェント

私が全力で推したいのはマイナビエージェントです。若干贔屓目になっていますが(笑)、対応が早く親身になってくれました。圧倒的なネームバリューと、地域に限らず求人をカバーしているところが大きいですね。ちょっと電話が煩わしいところもありましたが、本気で転職したいなら絶対オススメです。

 

IT企業で働く人におすすめするのはマイナビエージェントITです。マイナビ側もIT担当者をつけてくれるため、話が通じやすくSEの方が求人を見つけるのには非常に効率が良いです。特に社内SEを志望する方であれば、大学職員より遥かに選択肢が増えます。

マイナビエージェント×ITの無料登録・詳細はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です