大学職員ってどんなお仕事?エントリーシートに使える各部署の業務内容をご紹介します | 転職して大学職員になったにゃん(。゜ω゜) 。  

大学職員ってどんなお仕事?エントリーシートに使える各部署の業務内容をご紹介します

f:id:godaiyu:20170819154609j:plain

こんばんは.
 
 
今回はまたまた大学職員を目指して転職活動中の方向けの記事でございます。
 
 
大学職員を目指しての転職活動として、「まずどこの大学に行くか」「どんな自己PRで勝負するか」ということを真っ先に思いつくかと思います。
 
 
そんなあなたへ、ちょっと待った。
 
 
転職活動、特に第一関門である書類選考で一番大事なのは、間違いなく大学職員の仕事をより正確にイメージできるかでございます。

 

大学の各組織でどんな仕事をしているのかを事前に調査し、「私は貴学の〇〇課の仕事内容をイメージできている。その上で、現職の〇〇の力をその課で活かす」という前提を頭に入れた状態で、自己PRに繋げていくのが理想です。

 

 

まずは、かつての私の様に己のイメージだけで大学職員の仕事を想像してエントリーシートを書くのではなく、受験する大学のホームページの組織図を確認認してみてください。そしてその色々な課がある中で、現職の経験が活かせそうな課を何個か選んでみましょう。

 

ここで、大学の一般的な課の仕事を列挙してみます。大学によって課の名称は異なりますが、各々受験する大学のホームページを見て読み替えてください。

 

務課

教員との授業の調整
履修登録・成績管理に関すること
授業・定期試験に関すること
休講・補講に関すること
成績等証明書の発行

 

理課

学費の管理・保管
学内費用の収納及び支払
予算申請書・決算報告書に関すること
経理統計及び報告に関すること
寄付金に関すること
その他経理に関すること

 

生課

学生相談
通学証明書や学割証の発行
奨学金に関すること
下宿先の紹介
落とし物の管理
サークル活動に関すること

 

職課

就職対策プログラム(エントリーシートの書き方、面接対策セミナー、SPI対策テスト他)
就職活動の筆記試験対策に関すること
公務員試験講座
窓口相談

 

財課

施設・設備のメンテナンス(冷暖房の調整・蛍光灯の交換)
各種建物図面等の相談
物品の調達・廃棄に関すること
固定資産の管理に関すること

 

務課

大学の事務の総括及び連絡調整
役員会、経営協議会、教育研究評議会、役員・部局長合同会議
学則その他諸規則等の制定及び改廃
情報公開及び個人情報保護

 

報システム課

学内のコンピュータ及びネットワークの管理
学内システムの運用・保守
セキュリティ対策
学生・教職員のアカウント管理

 

最後に

参考になりましたでしょうか。大学職員と一括りに言っても、実際はこれだけの幅広い業務があります。きっと現職の業務内容に近しい、または力を発揮できそうな課があるはず…

 

例)
事務職なら【総務課】
金融系なら【経理課】
営業なら【広報課】【キャリア支援課】
IT系なら【システム化】
ファシリティ系なら【管財課】

 

上記はあくまで一例です。私の知り合いで、金融系企業→総務課に入職した友人がおりましたので、実際の配属先は前職と関係ないところになる可能性があります。

 

 

あくまで、転職活動に臨む上で必要な知識として念頭に置いていただければ幸いです。

 

 

ちなみに私はこれを意識せずに某美術大を受験しました。正直美術大がどんな仕事をしているか分からないが、事務系の仕事をしているのだろうから、「現職では社内で社内稟議等の資料を作成し、他の課と調整業務もしていました」等と書きました。

 

 

もちろん落ちました(笑)

 

もう一度言わせていただきますが、エントリーシートを書く上で重要なのは、大学職員の仕事をイメージできているか、です。その上で、現職の知識をどう活かせるかを考えて文章を練っていく、自己PRはそれからです。

 

様子見ならまずは『転職サイト』を閲覧

転職するなら20代で勝負をかけることを強くオススメします。迷っているなら、いっそサイトに登録してしまいましょう。まずは『転職サイト』で求人を覗いて方向性を定めつつ、モチベーションをあげてから『転職エージェント』に登録しましょう。

 

オススメの転職サイト

 

リクナビNext マイナビジョブ20’s
リクナビNEXT

 

転職を決意したら『転職エージェント』に登録

求人情報の紹介から選考書類作成時のアドバイス等を無償でサポートしてくれるサービスです。転職を決意したら絶対登録することをオススメします。

 

しかし、ここで勘違いして欲しくないのは、私がエージェントをオススメする理由は『登録すれば楽に転職できるから』では断じてありません。エージェントを通すことで、『自分が本当にやりたい仕事と求めている条件が深掘りできる』からです。

 

本気で将来を変えたいという強い意思がある方にこそ、ぜひ利用して頂きたいサービスです。反対に、意思が固まっていない方にはあまりオススメできません。

 

オススメの転職エージェント

私が全力で推したいのはマイナビエージェントです。若干贔屓目になっていますが(笑)、対応が早く親身になってくれました。圧倒的なネームバリューと、地域に限らず求人をカバーしているところが大きいですね。ちょっと電話が煩わしいところもありましたが、本気で転職したいなら絶対オススメです。

 

IT企業で働く人におすすめするのはマイナビエージェントITです。マイナビ側もIT担当者をつけてくれるため、話が通じやすくSEの方が求人を見つけるのには非常に効率が良いです。特に社内SEを志望する方であれば、大学職員より遥かに選択肢が増えます。

マイナビエージェント×ITの無料登録・詳細はこちらから

 

私が『転職エージェント』を利用した体験記は下記にまとめています。参考までにどうぞ。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です