大学職員になるならどの大学を選べばいいの?●●している大学は要注意… | 転職して大学職員になったにゃん(。゜ω゜) 。  

大学職員になるならどの大学を選べばいいの?●●している大学は要注意…

f:id:godaiyu:20170523233249j:plain

マイナビ、リクナビで大学職員の募集が出ている!

都内の私立だし安定してそう!早速応募しよう!

 

 

と息巻いている転職活動中のそこのあなた。

 

 

その大学、果たして本当に大丈夫なのでしょうか?

==== 

定員割れについて

f:id:godaiyu:20170523233118j:plain

ここでいう「大丈夫」とは、直近で潰れるようなことはなく経営は安定しているのかーー

 

 

すなわち「定員割れ」をしていないかということです。

 

 

大学も民間企業と一緒です。体系は違えど経営が悪ければ潰れますし、大学職員も昔ほど「安定している職」ではなくなってきています。

 

 

では何故「定員割れ」が大学の経営に影響するのでしょうか。それは、学生が大学に納めるお金(学納金)が、大学の資金そのものだからです。※大学の資金については別途機会があるときに書きます。

 

 

さらにさらに、「定員割れを改善する努力が大学側に見られない」と文科省から判断された場合、交付される補助金がカットされてしまうこともあります。

 

 

この様に、「定員割れ」は大学側にとってクリティカルな問題なのです。

 

  

該当の大学(の各学部)が定員割れしているかどうか、それは各大学のホームページを確認すれば済みます。済みますが、手っ取り早く一覧で見たい場合は下記のサイトが参考になるかと思います。

  

 

ただし、上記のデータは古いため(2015)、あくまで「参考」情報として捉えてください。

 

今回のまとめ

  • 毎年定員割れを繰り返している大学は黄色信号
  • 採用試験を受ける前に、該当の大学の定員状況チェックは必須

 

ということで今回はここまで。

それではまた! 

 

様子見ならまずは『転職サイト』を閲覧

転職するなら20代で勝負をかけることを強くオススメします。迷っているなら、いっそサイトに登録してしまいましょう。まずは『転職サイト』で求人を覗いて方向性を定めつつ、モチベーションをあげてから『転職エージェント』に登録しましょう。

 

オススメの転職サイト

 

リクナビNext マイナビジョブ20’s
リクナビNEXT

 

転職を決意したら『転職エージェント』に登録

求人情報の紹介から選考書類作成時のアドバイス等を無償でサポートしてくれるサービスです。転職を決意したら絶対登録することをオススメします。

 

しかし、ここで勘違いして欲しくないのは、私がエージェントをオススメする理由は『登録すれば楽に転職できるから』では断じてありません。エージェントを通すことで、『自分が本当にやりたい仕事と求めている条件が深掘りできる』からです。

 

本気で将来を変えたいという強い意思がある方にこそ、ぜひ利用して頂きたいサービスです。反対に、意思が固まっていない方にはあまりオススメできません。

 

オススメの転職エージェント

私が全力で推したいのはマイナビエージェントです。若干贔屓目になっていますが(笑)、対応が早く親身になってくれました。圧倒的なネームバリューと、地域に限らず求人をカバーしているところが大きいですね。ちょっと電話が煩わしいところもありましたが、本気で転職したいなら絶対オススメです。

 

IT企業で働く人におすすめするのはマイナビエージェントITです。マイナビ側もIT担当者をつけてくれるため、話が通じやすくSEの方が求人を見つけるのには非常に効率が良いです。特に社内SEを志望する方であれば、大学職員より遥かに選択肢が増えます。

マイナビエージェント×ITの無料登録・詳細はこちらから

 

私が『転職エージェント』を利用した体験記は下記にまとめています。参考までにどうぞ。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です