大学職員の年収がめっちゃ良いって本当?私立大学別年収ランキング! | 転職して大学職員になったにゃん(。゜ω゜) 。  

大学職員の年収がめっちゃ良いって本当?私立大学別年収ランキング!

転職活動中の皆さまお疲れ様です。

 

他の記事でお話しているとおり大学職員中心の転職活動をしていた私ですが、一段落したのでブログの更新頻度をちょっぴりずつ上げていきたいなぁ!なんて思っています。

 

さてさて、そんなこんなで今回は皆さん大好きお金のお話でございます。

 

 

世間一般では高給取りと噂の大学職員ですが、実際の程はどうなんでしょう。自分は就業時間の側面から大学職員へ転職することを決意しましたが、正直こちらも気になるところです…

 

 

ということでネットで色々調べてみましたが、興味深いデータを見つけました。大学別の年収ランキングです。信憑性はさておき、自分が受験した大学もランキング内にあったため今回取り上げてみます。信憑性はさておき。。

 

 

※45歳時点のもの

 

ランクS+(年収1,200万円)

関西

ランクS (年収1,100万円)

駒澤 立教 明治 中央 早稲田

ランクA+(年収1,000万円)

大東文化 青山学院 同志社 東京経済 法政 立命館関西学院 神奈川 獨協

ランクA

大阪芸術 桃山学院 学習院 東洋>神戸学院 専修 亜細亜 國學院 二松学舎 中京 近畿 愛知

ランクB+(年収900万円)

慶應義塾 日本 国士舘 工学院 東京工芸 和光 成蹊

ランクB

明治薬科 順天堂 武蔵 成城 文教 甲南 東京女子

ランクC+(年収800万円)

関東学院 国際基督教 星薬科 武蔵野 名城 東京慈恵会医科 東京医科 日本工業 大妻女子 東京理科

ランクC(年収700万円)

日本女子体育 国立音楽 目白 城西 上智 北里 東京女子医科 麻布

ランクD (年収600万円)

昭和 杏林 東邦 高野山

ランクE  

他医系大(日本医科>聖マリアンナ医科>関西医科=川崎医科>東海=帝京)

 

たっか(笑)

 

 

さすが東京の私立大学と言ったところでしょうか。そして気になったのは、必ずしも偏差値と年収の額が比例しない(意外?)ということ。

 

 

真実か否かは不明ですが、自社なら部長クラスでも貰えないような金額。夢がありますね!

 

様子見ならまずは『転職サイト』を閲覧

転職するなら20代で勝負をかけることを強くオススメします。迷っているなら、いっそサイトに登録してしまいましょう。まずは『転職サイト』で求人を覗いて方向性を定めつつ、モチベーションをあげてから『転職エージェント』に登録しましょう。

 

オススメの転職サイト

 

リクナビNext マイナビジョブ20’s
リクナビNEXT

 

転職を決意したら『転職エージェント』に登録

求人情報の紹介から選考書類作成時のアドバイス等を無償でサポートしてくれるサービスです。転職を決意したら絶対登録することをオススメします。

 

しかし、ここで勘違いして欲しくないのは、私がエージェントをオススメする理由は『登録すれば楽に転職できるから』では断じてありません。エージェントを通すことで、『自分が本当にやりたい仕事と求めている条件が深掘りできる』からです。

 

本気で将来を変えたいという強い意思がある方にこそ、ぜひ利用して頂きたいサービスです。反対に、意思が固まっていない方にはあまりオススメできません。

 

オススメの転職エージェント

私が全力で推したいのはマイナビエージェントです。若干贔屓目になっていますが(笑)、対応が早く親身になってくれました。圧倒的なネームバリューと、地域に限らず求人をカバーしているところが大きいですね。ちょっと電話が煩わしいところもありましたが、本気で転職したいなら絶対オススメです。

 

IT企業で働く人におすすめするのはマイナビエージェントITです。マイナビ側もIT担当者をつけてくれるため、話が通じやすくSEの方が求人を見つけるのには非常に効率が良いです。特に社内SEを志望する方であれば、大学職員より遥かに選択肢が増えます。

マイナビエージェント×ITの無料登録・詳細はこちらから

 

私が『転職エージェント』を利用した体験記は下記にまとめています。参考までにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です